落語作家・漫才作家

スポンサードリンク


■こんな人に向いている!

・創作力がある人

■どんなお仕事?

落語や漫才の台本を書いて、芸人さんやテレビ局に買い取ってもらうわけですが、多くの作家は無給に近い状態です。
台本の書き方は、演芸の学校やカルチャースクールで教えてもらえます。

■定年後からのスタート!

好きなだけの初心者ならば学校に通うのがよいと思われますが、学校にいる生徒のほとんどが20代の若者で、同世代がいない状況に身を置くこととなります。
若者にはない、自らの経験を生かした台本を作れるなどのシニア世代だけの武器もあります。

お笑いの世界は、厳しい世界で有名です。
落語を趣味で楽しむのが無難なのかもしれません。