宅地建物取引主任者

スポンサードリンク


■こんな人に向いている!

・定年後も不動産業界で働く意思がある

■どんなお仕事?

不動産取引の説明や契約書類の作成・交付を行います。
公式な取引契約を守らなくてはなりません。

■定年後からのスタート!

受験者の一割が50歳以上です。
仕事で使う目的以外に、不動産取引にそなえての自己啓発として受験する人が多いようです。

若い人からシニア世代までの幅広い年齢層に人気のある、不動産資格の定番です。

■必要な資格
・宅地建物取引主任者